10 18th, 2013

年々増加している日本への外国人留学生ですが、
2011年3月に発生した東日本大震災の後は急激に減少しました。
特に欧米ではいろんな憶測が流れ、間違った情報も多々あったようです。

日本は諸外国と比べると、
治安面でダントツに安全な国として知られていますよね。

ただ自然災害だけは別です。
いつどこでそんな場面に直面するかわからないのはほんとに不安です。
もちろんそれは日本だけに限らず世界中どこにいてもあり得ることです。
そんな時パニックに陥りがちですが、
ネット上の憶測を真に受けるのではなく正確な情報を知ることが大切です。
JIS(地震情報サイト)というものがあるので、覚えておくと役立ちますよ。

035376

地震だけでなく、豪雨や竜巻などの自然災害も世界中で多発しています。
そんな時一番心配しているのは母国にいる家族ですよね。
実際に自然災害にあった時、
自分がどんな行動をとるべきか、何を備えておくべきかを把握して、
いかに正しい情報を伝えることができるのかを見直しておくと安心ですね。



06 28th, 2013

これは、留学を終えた後の話になりますが、折角日本で留学して、日本の事を勉強したのだから、日本で仕事をしたい!という人はいると思います。
そういう方にとってとてもいい情報なので、是非参考にしてもらいたいですね。

日本では、外国の方に就職してもらうために、色々な取り組みをしています。

日本学生支援機構では、就活ガイドを作成していたり、東京外国人雇用サービスセンターというところでは、就職先の斡旋をしてくれます。

そういう就職を斡旋してくれるところなどでは、「就職フェア」を開催するところもあるようですね。
場所は主に東京大阪が多いみたいです。
もちろん、外国人留学生向けの就職フェアになっているので、行きやすいと思いますし、ほとんどが参加無料となっています。

そういう情報はどこにあるかというとfacebookで見つけることが出来ます。
これは日本の学生もやっていますが、facebookで「就職 外国人」などで検索すると「就職フェア」や「就職セミナー」などのページが出てくるので、そういうところを参考にすると良いと思います。

もちろん国でもサポートしています。
東京、大阪、名古屋、福岡では、外国人雇用サービスセンターがあり(福岡は、新卒応援ハローワーク)、外国人の就職全般についてサポートしてくれます。
具体的にどういうことをしてくれるかというと、職業相談はもちろんの事、大学との協力、インターンシップも可能ということです。

でも普段、日本人の私がハローワークを利用するときにあまりいい印象ではないので、外国人専門のところもそうではないのかと不安ですね。
行ってみたことがないので、何とも言えません。



生活資金

> Posted by admin in 外国人留学生
06 27th, 2013

日本に来る留学生は本当に良い待遇を受けることが出来ます。
奨学金を受けることが出来るんです。
さらに学費免除などの大学もあります。

日本のこの奨学金制度が良い為、アジアからの留学生が多いのです。
留学生にとっては、とても良い制度ではありますが、
私たち日本人にとっては、痛手かもしれません…

奨学金は、日本の税金で補われています。
しかも、学費、生活費だけではなく、医療費、飛行機代なども
支払われています。
年間、1人約250万円以上が支払われているようです。

アメリカの場合では、外国人留学生が支払う授業料は、
アメリカ人の授業料よりも2,3倍多いらしいです。

日本は太っ腹ですね…

でも、私が思うに日本に来るような物価が高いようなところに来る留学生は、
すでにお金持ちではないかと。
まぁそれを言ってしまえば、アルバイトなんてする必要もどこにもないですけどね…

外国人が嫌いなわけではなくて、日本の国民にももう少し良い暮らしをさせて欲しいです。
それにしても年間250万円以上って…しかも学生…
これは、正直あげすぎじゃないのと思ってしまいます。



06 27th, 2013

留学生の皆さんがよく質問されることの一つが、
アルバイトはやってもいいのかということだそうです。

ズバリそれは、NG!ということなんですが、
例外があるそうなので、調べてみました。

留学を目的ににした場合、勉学が主な活動です。
それにはアルバイトなどは含まれません。
そういう場合、資格外活動というのだそうです。

アルバイトをする為には、資格外活動を許可してもらわなけばなりません。
また、その理由としては、留学の学費などにあてるということが目的でなければなりません。

では、許可を出してくれるところに行かなければいけませんね。
そこは、入国管理局です。
入国管理局で事前に申請しなけばなりません。
何が必要かというと、
・資格外活動申請書(入国管理局にあるので、書いて出す)
・パスポート
・外国人登録証
・副申書(学校側が書いてくれます)

許可が下りれば、バイトがたくさん出来る!わけじゃないみたいです。
時間が制限されているらしく、
週に28時間以内で長期休暇の場合は、1日8時間以内なんだそうです。
それから、学校によっては、休学などしている場合には、
アルバイトを禁止してる学校もあるので、いずれにせよ、
アルバイトをする前に、学校に相談した方がいいですね。



住居について

> Posted by admin in 外国人留学生
06 27th, 2013

ビザを取得したら、次は住居ですよね。
大学などによっては、外国人宿舎を完備している学校もあります。
大阪府立大学では、4つの留学生宿舎があります。
冷蔵庫や机などが備え付けになっていますので、便利ですよね。
ですが、入居できる期間が決まっているようなので、しっかりと詳細を見た方がいいです。
値段も普通にアパートを借りるより、安いので、留学される外国人の方は、宿舎を借りた方がよいと思いますね。

名古屋大学も宿舎が完備されています。
名古屋大学の宿舎はとてもきれいなところらしいです。
単身室に加えて、夫婦室、家族室があるようです。
留学生用の宿舎は、最高でも21,000円以下で借りれるそうなので、いいですよね。
(ただし、共益費や光熱費などは別です。)

関係ないんですが、個人的には名古屋は大好きです。
住んでいる訳でもないですが、魅力的な街ですよ。

そんなことはさておき、
大学の宿舎を借りたいと思っていても、満員で入れない!
という時はどうすればいいかというと、専門機関の宿舎や寮を借りればいいわけです。
例えば、外国留学生協会日本留学専門機構(FSA)では、外国人留学生向けのマンションを提供しています。
ここの特徴は、ネットが無料ということや、駅近という利便性も良いということです。
それから、何か相談したいことがあれば、FSAの方に相談出来るということですので、留学生いとってはこころ強いですよね。

さがしてみると色々出てくるみたいなので、場所や施設環境、治安などを考えて、便利なところで、お金と相談しながらって感じですね。

旅行とかと違ってやっぱり、留学って大変ですね…

*詳細は、各HPでご確認下さい。

こんなお家に住みたいです。

 



留学ビザ

> Posted by admin in 外国人留学生
05 17th, 2013

まず留学に必要なことはパスポートを作る、
ビザを発行することでしょう。
ビザの申請には厳しい審査があります。

普通のビザではなく、留学する為の留学ビザだからです。
では、留学ビザはどのようなものなんでしょうか。
調べてみました。

留学ビザを申請出来る基準として、12年の学校教育を修了した者でなければなりません。
それから、大学や専門学校の教育を受けるという事が基準となっています。

それから、留学に必要な生活費を持っているということも必要です。
留学となると旅行とは違いかなりの費用あが必要となりますね。

それから、専修学校の専門的な分野を学ぶ場合、
大臣が定めた日本語教育施設で6か月以上の日本語教育を受けた者か、
専門的な学校で日本語試験で合格した者か、
学校教育法で1年以上の教育を受けた者であるということが証明出来なければなりません。あと、行こうとしている学校に外国人留学生の生活指導を行うことが出来る職員もいなければならないという規定があります。

などなどまだ色々あるようです…

日本から外国へ留学するのも
もちろん大変なんでしょけど、反対も大変ですね…

*今お話ししたのは、私が要約して書いたものなので、
詳しく知りたい方は専門機関にお尋ねください。